Web関連 スマートフォン Android iPhone Line

AndroidのLineトーク履歴をiPhoneへ移行してみた

Web関連

はじめに

2020年4月24日にiPhone SE (2020)が発売されました。シンガポールに来てからHuawei P20(無印)を使用していた管理人も、帰国後にはモバイルSuicaが必須となることから、4月17日にAppleストア(シンガポール)で予約→4月24日にゲットしました。

Android内のデータはだいたいGoogle DriveやGoogle Photosに同期していたので、データの移行等の手間はほとんどなかったのですが、唯一すんなりと移行できなかったデータがLineとWhatsappのトーク履歴(チャット履歴)です。(ちなみにWechatはその辺が上手くできていて、Android ←→iPhone間のデータの引き継ぎは全く問題なくできました。)

いろいろ調べましたが、Android→iPhoneへ乗り換えた時には

  • トーク履歴
  • 購入済みのLINEコイン残高
  • LINE Outのチャージ済みコールクレジット
  • LINE連動アプリ・サービスの情報(GAME・マンガ・占いのアイテムなど)
  • 通知音の設定
  • トークルームごとの通知設定(通知ON/OFF)

のデータは引き継がれないようでした。(参考URL

管理人はLine連動アプリやコインの購入等はせず、メッセンジャーとしてのみ使っていたので、問題なのはこれまでのトーク履歴が引き継げないことでした。仕事関係で過去のトーク履歴を遡ることもあるので何とかならないかとGoogleし続けたところ、有料ソフトの使用にはなりますが解決策を見つけたのでご紹介します。

※本記事ではLineのトーク履歴の移行についてご紹介していますが、Whatsapについても同じ会社の出している別ソフトにてAndroid→iPhoneへの移行ができます。Whatsappについての詳細な手順については別記事にてご紹介予定です。

注意

Lineのアカウントの移行は問題なくできるように前準備がされていることを前提としています。具体的には電話番号やメールアドレスの登録、パスワードの設定、Facebook連携等をしていないとそもそもアカウントを引き継げないので、不安のある方はこちらの記事を参照の上、アカウントが消えないように十分にご注意ください。

また、事前にこれまで使用していたAndroid端末で、トーク履歴をGoogle Driveへ確実にバックアップしてあることも合わせてご確認ください。万が一作業中にLineアプリが初期化された場合でも、バックアップが無事であれば元に戻りますが、初期化されたLineアプリから同じGoogle Driveのアカウントへバックアップを再度してしまうと、元々あったバックアップは失われ、トーク履歴は戻らなくなります。

また使用しているソフトウェアの仕様変更や、それぞれの作業環境によって手順が若干異なる場合もございます。本記事では作業に伴うデータの消失には一切責任を負いませんので、作業される場合には十分に注意の上行ってください。

必要なもの

  • PC (Windows or Mac)
  • 元々使っていたAndroid
  • 新しく購入したiPhone
  • Backuptrans Android Line to iPhone Transfer (Windows版USD19.95、Mac版USD24.95) ※無料の試用体験でAndroid端末のLineのトーク履歴が読み込めることを確認してからライセンスをご購入ください。

参考URL

英語が問題ないという方は、こちらの本家の解説ページも合わせてご覧ください。

手順1: 前準備

まずはGoogle Driveにバックアップが取れていることを今一度確認しましょう。確認が取れたら、設定>システム>開発者向けオプションにあるUSBデバッグをオンにしてください。

開発者オプションが設定アプリにない方は、設定>システム>端末情報の中にあるビルド番号を適当に何回もタップし続けると(7回ぐらい?)、開発者向けオプションメニューが出現します。

また、すでにiPhoneにてアカウントを引き継ぎLineを使用されているかたもいるかと思います。そうした場合には、下の手順に入る前にiCloudにデータをバックアップすることも忘れずに行いましょう。最終的には、iCloudで保存されてるトーク履歴とAndroidから移行したトーク履歴を足したものがiPhoneに移行されます。また万が一に備えて、お手持ちのiPhoneのバックアップは必ず取っておいてください。

手順2: PCでの作業(AppCloneのインストール)

次に、Backuptrans Android Line to iPhone Transferを立ち上げて、USBデバックをオンにしたAndroid端末をUSBケーブルでPCに接続します。

このときに、「Android端末にLineがインストールされているか」「Google Driveにバックアップを取ってあるか」と注意メッセージがでてきますので、問題なければOKと押して続けてください。

何かしらエラーメッセージができてた場合も、表示されたエラー項目を確認して、ソフトを再度立ち上げれば問題ありません。

接続に問題がなければ、ソフト側でなにやら作業が進んでいきますが、行われているのはAppCloneというLineやFacebook等のアプリを複製インストールして、複数アカウント使えるようにするアプリのインストールです。

手順3: Androidでの作業(AppCloneの設定とLineへのログイン・データの復元)

AppCloneのインストールが終わると、何やらメッセージが表示されますが、基本的にはそこに書いてある通りに作業します。このメッセージのOKボタンを押すと次の作業に移ってしまうので、下記の手順3が終わるまでOKボタンは押さず、USBケーブルも抜かずにしておいてください。

なお、私の場合は複製したLineアプリにログインしてバックアップデータをリストアするところでフリーズしてしまったので、そこの対応策込みで説明します。

まず、インストールされたAppCloneを立ち上げます。公式サイトや表示されたメッセージとは順序が逆になりますが、まずは下のような画面でLineだけを選択して「Add to Parallel Space」をタップします。すると下の右図の画面にいくので、右上の縦三点マーク>Speed Modeと進んで、Speed Modeをオフにしてください。

次に、AppClone内のLineアプリを立ち上げて、自分のLineアカウントでログイン→Google Driveにあるバックアップデータの復元をします。なお、私はこの復元作業のGoogleアカウントを選択する場面で先に進まなくなりましたが、このような場合は、設定>アプリと進んで、AppCloneとAppClone Arm64 Support(端末により名前が若干異なる場合あり)のそれぞれを強制終了して、再度AppClone内Lineアプリにてログイン作業とデータの復元作業を行ってください。 

手順4: PCでの作業(Android端末内のトーク履歴をPCにコピー)

AppClone内Lineでの復元作業が完了したら、Backuptrans Android Line to iPhone TransferのOKボタンを押してください。するとAndroid端末内に保存されていたトーク履歴がPC上で読み込まれます。

次に、Devicesの下に表示されている自分の端末名を右クリックし、「Backup Messages」を選んで左クリックしてください。PCのローカルデータベースへAndroid端末内のトーク履歴がコピーされます。

手順5: iPhoneにLineをインストール・ログイン

ここまできたら、iPhoneにLineをインストールしてAndroid端末で使用していたものと同じアカウントでログインしてください。なおiCloud上にデータをバックアップしていた場合には、合わせて復元してください。

手順6: iPhoneをPCに接続

お疲れさまでした。ここの作業が終わると、Lineのトーク履歴の移行作業は終了です。

ここではまず、iPhoneをPCにLightningケーブルで接続しますが、その際に

  • iTunesがインストールされていること
  • iCloudバックアップをオフにすること
  • Find my iPhoneをオフにすること
  • Touch ID とパスコードをオフにすること
  • iPhone接続時のiTunes自動立ち上げをオフにしていること

を確認してください。そうでないと途中でBackuptrans Android Line to iPhone Transferの作業が止まってしまします。止まってしまった場合には、上記を再度確認の上、ソフトを再起動+iPhoneの再接続をしてください。

iPhoneが無事に接続されると、Android端末を接続した時と同様に端末内のLineトーク履歴が読み込まれ、下のような表示となります。

そしたら、前の手順でPCに保存したローカルデータベースを右クリックして、「Transfer Messages from Database to iPhone」を左クリックして選択してください。するとソフトの方でPCに保存されたAndroid端末上のトーク履歴がiPhoneのLineアプリのトーク履歴にマージされます。複数の作業が行われますので、作業完了のメッセージが表示されるまで気長にお待ち下さい。

作業が全て完了すると、iPhoneは自動で再起動します。なお作業の前準備としてパスコードの解除等をしているので、再度設定することになります。またApple Payに登録していたクレジットカード・デビットカードやSuicaは再度登録となります。Suicaを登録されていた方は、この再起動時に確実にSuicaを再登録するようにしてください。ここでSuicaの登録をしないと、後からの追加ができなくなることがあり、その場合には「モバイルSuicaのサポートページから再発行登録→翌日5:00AM移行にwallet上で受け取り」という面倒くさいことになります。

以上で、Lineのトーク履歴のAndroidからiPhoneの移行作業は終了です。

タイトルとURLをコピーしました