Web関連 Google翻訳 Webツール

Google翻訳でウェブページをまるっと日本語に翻訳する方法【chrome】

Google翻訳でウェブページまるっと日本語に訳す方法Web関連

Google翻訳でウェブページをまるっと日本語に翻訳する方法【chrome】

ウワサ話やフェイクニュースで、何が本当かわからない!

何を信じればいいのかわからない、そういう時、人は不安に陥ります。

情報が氾濫する現代で、より信頼性の高いソースから情報を得ることは、自分や家族の身を守るために必要な術です。

「日本語以外のサイトだとわからない!」

「専門用語が難しすぎる」

そんなあなたに朗報です!!

Google先生の翻訳機能は年々精度を上げて、より日本語としてなめらかになり、今ではウェブページごと丸っと日本語に変えてくれるのです。

以下、画像つきでご説明します!

Google翻訳ボタンでウェブページをまるごと翻訳する【PC】

検索窓のお気に入りボタンの左にあるボタンだね!

ブックマーク星ボタンの横にあるのが、Google翻訳ボタンです。

もし、ない場合はChrome設定を変更します。詳しくは、3.詳細設定へ

日本語に翻訳されたあとのシンガポール保健省のページ

シンガポール保健省のサイトを丸ごと日本語に翻訳してもらいました。
(トップの一番めだつところに、『フェイクニュース』情報が掲載されています)

詳細設定

検索窓にGoogle翻訳ボタンが表示されていない場合、【Google設定】→【詳細設定】→【言語】を変更する必要があります。

Google翻訳の設定を変更する

スクリーン右上にある3点リーダーをクリックします。

【設定】をクリックします。

Google翻訳の詳細設定の画面

設定ページに来たら、【詳細設定】→【言語】の順にクリックします。

Google翻訳詳細設定の言語を翻訳するにチェックをいれて、翻訳ボタンを画面右上に出現させる

日本語を言語の一番上においた上で、英語(もしくは他言語)の青いボックスにチェックをいれます。これで翻訳ボタンがスクリーン右上に出てきます。

Google翻訳ボタンでウェブページをまるごと翻訳する【Mobile】

スマホの場合でも、ウェブページまるごと翻訳は同じやり方です。

スクリーン右上の3点リーダーをクリックして、【翻訳】をクリックします。

日本語翻訳で翻訳されたウェブページ例

英語サイトが日本語にまるっと翻訳されました!

まとめ:英語以外のサイトでも活用してみてください

Google翻訳があれば、海外の信頼性の高いソースから自分で情報を取りにいける!

いかがでしたでしょうか。
実はここまでキレイにGoogle先生に翻訳してもらえるとは知らなかったので、私はとても感動しました。
少々日本語としてイビツな部分もありますが、十分に理解できる範囲です。
今後Googleの機械学習でより完璧な日本語になっていくでしょう。
翻訳機能を多用して、いろんな国の情報集めてみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました